生活

会津若松の暮らしはどう?暮らしたことでわかった良い所と悪い所を解説!

2020年8月23日

こんにちは!

  • 会津の暮らし方を知りたい!
  • 会津の良い所と悪い所は?
  • 会津の暮らしは率直にどうなの?

というようなお悩みをお持ちの方の解決の助けとなる記事になります。

だるだる
会津若松はどんなところ?

会津若松は山に囲まれていて自然も豊かであり、古くから信仰もあり神社仏閣も多くあります。
会津藩の白虎隊や新選組ゆかりの地でもあり歴史好きな方にもたまらない環境だと思います。

そんな会津に暮らしてみたいけど、どんなところかわからない方に実際に暮らした体験を教えます。
会津若松の暮らしはどうなのか、東京生まれの都会育ちが暮らしたことでわかった良い所と悪い所を解説していきます!

会津の暮らしはどう?

だるだる
会津での暮らしはどんな感じ?

会津で暮らしてみてわかったことは、やはり涼しいというのは強く感じました。

東北だから当然と言えば当然ですが真夏の暑い日でも35℃くらいまでが多く、湿気も少なくカラっとした気候の感覚です。そして都心から初めて来ると夏の夜の涼しさは快適です!

冬は雪が降るのはほぼ確実で、都会のように雪が珍しいという感覚が無くなってきます(笑)
そしてやはり冬の寒さは厳しいです。雪が降るので当然なんですが、暖かい服とかの準備は万全に!

逆に建物の中は暖かいので、脱ぎやすい上着などにしておくといいです。

あとは山に囲まれているためか、災害的なものの被害があまり無いという記録があるので安全度は高いのではと思います。
大地震があった時も地元の人の話によると、あまり大きな影響は無かったとのこと。すごいですね!

会津の良い所

だるだる
会津は自然も多く歴史がぎゅっと詰め込まれている感じだね!

都心から会津にやってきて特に良いなと感じたところを解説していきます!地元の人では気づけない良い所もたくさんあると思います。

自然が多い

自然が多く四季も強く感じられます!春夏秋冬とそれぞれの季節の違いがはっきりわかるので、それぞれの季節を楽しむことができます。

四方に山が見えるのでどこにいても景観を楽しむことができます!方向によっても山の様子が違います。例えば北の方角は少し遠目の山景色で雪が積もっている期間が長いです。

もちろん空気も美味しいです!都会からくるとニオイの違いがよくわかるんですが、雨がふると自然のニオイがより強くなるので気持ちがいいです!

歴史好きはたまらない

幕末の白虎隊や新選組が活躍した歴史もみることができ、実際に刀キズを見ると生々しさをすごく感じます!

神社仏閣も多く、昔からそこにあった建造物の風情はたまりません!山の方の神社などは人も少なく落ち着いて参拝できるのもグッド!

歴史を感じることで今という時の尊さをより強く感じられるようなれると思います。

部屋の気密性は高い

さすが東北なのか、冬はもっと寒いと思っていたんですが、思っていたより部屋の中は寒くない感じです。

音も窓を全部閉めれば外の音もそんなに聞こえなくなるので割と静かですね。

もちろん暖房はないと凍えてしまいますが、基本的に密閉具合は高いと思います。

虫が少なめ

冬が長い地域なので虫は少なめです。特に虫が嫌いということもないんですが、家の中にあまり虫が入ってこないのは大いに助かります!

虫が苦手な方は寒い地域のほうが向いていると思います。特に夏のアイツとかはイヤですよね(笑)

寒さ対策で部屋の密閉度も高いおかげであまり入ってこないのだと思います。

高い建物がない

都会のようなタワーマンションやら高層ビルがないので基本的に空を広く見れて開放的になれるので、ストレスの緩和にもなっていると思います!

広々とした所にいると心まで広くなれますので、温和的に暮らせると思います。

少し山を登れば町並みを見渡せるので気持ちいいですよ!
高い建物があまりないおかげで方向も見失うことが少なく、自分がどこにいるか迷うことはほぼ無いです!

夏の夜は涼しい

盆地なので夏は暑いといえば暑いんですが、都会の暑さとはまた別の清々しい暑さだと思います。

夏の夜は都会のような蒸し蒸しとした不快さはなく、クーラーなしでも普通に寝れます。
鈴虫やコオロギの鳴き声が心地よく、気持ちよく眠れます。

私の場合は朝方はむしろ寒く感じるので掛け布団を掛けて寝てます(笑)

食べ物はおいしい

昼と夜の寒暖差がけっこうあり甘味が強くおいしく育ちやすい気候になっているので、地元の果物や野菜がおいしく感じました!
水もおいしい感じがします!

スーパーにも地元の果物や野菜が多く置いてあり、量も多いのでたくさん使うなら割安になっていることも多いです!

気候も良く基本的になんでもよく育つのでいろんな食べ物がおいしいのは良いんですが、悪いと言うほどではないけど逆に際立った特産がない感じです。

会津の悪い所

だるだる
生活をしていて困ったことも少しあるよ!

都会の生活に慣れていると、困ることも多少はあります。そんな日常的なところで困った部分を解説していきます!

天気が読みづらい

天気予報がことごとくあてにならない感じでした!前日の天気予報も微妙な時もあるので、基本的に当日の予報じゃないと変わることが多かったです。

晴れの予報でもにわか雨がザーっと降ることもあるので、空の様子を見ながら出かけるのがいいと思いました。

地元の人は慣れているのか、それとも急に降ってきたので対応できてないだけなのかわかりませんが、傘を差さずに歩く人も割と見かけます(笑)

買い物は少し不便

買い物はスーパーや薬局が隣接してるところも多いのでまとめて買えますが、お店が集まっているのでそこまでの距離が遠いとちょっと大変です。

なんでも揃っているわけではないので選択の幅もあまりないのがちょっと残念でした。別のお店で探すにも遠くなっちゃいますので。

都会にあるおしゃれな雑貨屋とかはない感じなので、ショッピングを楽しむのはあまりできなさそうです。

閉鎖的で首都圏まで遠い

山に囲まれて閉鎖的なので首都圏へのアクセスはかなり悪いです。新幹線が通っている郡山までは1時間ほど電車に乗らないと着きませんし、列車の本数も少なめです。

映画館などもないので娯楽的な遊びをしたい場合は、すこし不便さを感じてしまうかもしれません。

冬は雪が大変

会津で暮らすにはやはり一番慣れてない冬の雪に困ると思います。なので、雪対策はしっかりしておくのがベターです!

冬は大体雪が降っているのでけっこう積もってます。
大通りは除雪や雪を溶かす水が出てたりしてるので大丈夫ではありますが、ちょっと道を入ると凍っていたりしてました。

歩道は基本的に雪が積もっているので歩く時は長靴がないとめっちゃ濡れます!

灯油ストーブがないと寒いので灯油を買いに行くことも考えたほうがいいです。ガソリンスタンドが近場にあると便利ですね。
少し割高ですが宅配もできますので、灯油は切らさないように気を付けましょう!

車を使う人は雪対策もしなければいけませんし、毎朝の雪おろしがほんとにイヤでリタイヤした人もいるとか聞いたことがあります(笑)
通勤も冬は一時間ほど早くしないとノロノロ運転のため、間に合わないらしいです!

方言や訛りでわからない時もある

訛りとかはそこまでわからないということはないですし、方言もそこまで多様していないので全然わからないということはないです。

ただ、電話で話していると訛り具合によっては聞き間違いや、ほんとに何言っているのかわからない時もありました(笑)

慣れるまではどうしてもイントネーションの違いなどで聞きづらいこともあるので覚えておくといいと思います。

まとめ

だるだる
率直に言うと自分的には会津での暮らしは快適だね!

悪いところとあえて言ったものの、そこまで気にするほどでもないと思ってます(笑)

山に囲まれていて自然を満喫できるのはやはり気持ちがいいです!
そして神社仏閣好きでもあるので、たくさんある会津は最高ですね!

自転車によく乗るので雪が降ってしまうとどこにも行けないのがツラいとこでもあります。

その分夏は夜も涼しく快適ですし、緑が多くなり景観も良いですね!
山の方にある神社は夏に行くと涼めるし、気持ちがいいです!

総合的には良いところが多く、住めば都と言われるように慣れてくると問題はありません!
機会があれば暮らしてみるといいですよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

-生活

© 2020 都会からの移住者による会津生活ブログ