観光

新宮熊野神社「長床」の紅葉2020年の混雑予想!ライトアップ情報も!

2020年10月1日

喜多方市の新宮熊野神社といえば長床の「大イチョウ」が有名です!
この大イチョウが紅葉してくると鮮やかな黄色がすごくキレイでインスタ映えも間違いナシのスポットになります!

今回はそんな映える大イチョウのある新宮熊野神社の紅葉時期の混雑予想と見頃やライトアップの情報も紹介しています!

「長床(ながとこ)」とは?

長床は熊野神社の拝殿のことで、44本の太い柱が並び壁などは無く吹き抜けになっています。

この「長床」の奥にいくと熊野三社の本殿があります。文字通り拝殿なので、熊野三社を拝むところが「長床」なんですね!

新宮熊野神社というよりも「長床」の方が有名です。そしてこの長床の前にあるのが「大イチョウ」です。なので長床の大イチョウという風に有名になってます。

注意

拝観には料金がかかります。文化財を守っていくための管理費です!
宝物殿の入場料も含まれているのでちょっとお得感はある?(笑)

拝観時間 8:30~17:00

冬期間(12月~3月)は土・日・祝日のみ見学可

料金 平日は予約で団体受入可料金大人300円(250円)

高校生200円(150円)

中学生以下無料

※( )は団体20名以上料金

新宮熊野神社の紅葉2020年の混雑予想

紅葉の時期の混雑予想ですが、やはり大イチョウの見頃である11月15日あたりからは参拝客で数十人は来ているようです。

ライトアップをしている夜のほうが観光客も少ないようなので、割とゆったりと参拝できそうですね!
夜は冷えるので寒さ対策はバッチリしていくことをオススメします!

夜は運行していませんが、喜多方駅からは市内循環バス「ぶらりん号」がありお得な乗車特典もついて500円で乗り放題になってます!(1回利用は大人200円、小人100円)

運行期間

4月4日~11月29日までの土日祝日運行
4月29日~5月6日までは毎日運行

長床の拝観料も50円引きになります!

喜多方まちなか循環バス「ぶらりん号」運行のご案内

新宮熊野神社のライトアップ情報

11月になると、大イチョウのライトアップが行われていました。

ライトアップ期間中は拝観料無料です!

公式ではまだライトアップについての情報が出ていないようなので追って情報を伝えようと思います。

予想としましては、期間は毎年11月15日~11月22日あたりで行われていたので例年通りであればこの期間にライトアップされると思われます。

ライトアップ時間は17:30~19:30のようです。

ですがコロナの影響もあるので、開催しないということもありそうですね。喜多方市のHPなどでチェックしていきたいと思います。

喜多方観光物産協会

新宮熊野神社の紅葉の見頃は?

新宮熊野神社の長床の「大イチョウ」見頃は11月中旬くらいになります。

色づき始めるのが11月上旬くらいとのことです。

御神木の「大イチョウ」は樹齢800年と言われていて喜多方市の天然記念物に指定されています!高さは30mほどとかなりの大きさで圧倒されると思います!

なんといってもこの大イチョウから落ちたイチョウの葉が埋めつくされることで、黄色いじゅんたんのような状態を見るのが一番かと思います!

なので日にち的には11月20日あたりがちょうどいい時期になるかと思います!

まとめ

いかがでしたか?

新宮熊野神社の紅葉2020年の混雑予想やライトアップ情報、見頃なども紹介しました!

大イチョウは30mとほんとに大きいのでぜひ一度は見たいですよね!

熊野三社も霊験あらたかでご利益もたくさんもらえそうです!

歴史的にも見どころはたくさんあるので紅葉の時期に一度訪れてみてはどうでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

-観光

© 2020 都会からの移住者による会津生活ブログ